宮古島について 宮古島のイベント・行事

【ウチカビ】あの世のお金!~沖縄文化を学ぶ~

ウチカビ

皆さん「ウチカビ」って聞かれたことありますか?

内地では馴染みがありませんが、ここ沖縄にはご先祖様にお渡しするお金として存在しております。

今日は、沖縄文化に触れながらウチカビについてご紹介していきます!

スポンサーリンク

ウチカビとは?

ウチカビとは「打ち紙」と書き、ご先祖様があの世で使うお金のことです。

もともとは、各家庭で紙に銭形を打ち付けて作られていたことから、打ち紙と呼ばれるようになったと言われております。

沖縄は旧暦で様々な祭祀行事が行われるのですが、旧盆、彼岸、清明祭、十六日祭・・・、などの行事ごとでお迎えしたご先祖様がお帰りになる際に、ご先祖様がグソー(後生/あの世)で困らない様にとウチカビを燃やします。

ウチカビを燃やした煙が天へと昇り、ご先祖様に届けられると言われております。

ウチカビの歴史

沖縄は約450年もの間(1429年~1879年)、琉球王国として長きにわたり中国や朝鮮、東南アジアなどの影響なども受けながら、独自の文化、歴史を歩んできております。

その中で、ウチカビは14世紀後半に中国から伝わってきました。

紙銭、または冥銭(めいせん)、沖縄の方言では「カビジン」と言われ、昔は亡くなった方が三途の川を渡る際の船賃に使えるようにと、副葬品として死者とともに硬貨などが埋葬されてきました。

現在では、わらを原料として作られた紙に、銭型の方が押されたウチカビが使われております。

スポンサーリンク

ウチカビのやり方

ウチカビ

ウチカビを燃やす際は、写真のような専用のステンレスボールがあり(ボールの中に網がありその下に水をはります)、網の上にアルミホイルを敷きます。

ウチカビを燃やす数は、基本は一人3枚らしいのですが、その家庭によって様々のようです。

※ウチカビは1組が5枚、20組1束(100~200円)くらいで販売されておりますよ。

家族一人一人がウチカビを燃やしていき、燃やし終えたらその上に供えていた水、泡盛、お米を上からかけていきます。

ウチカビの相場

これは宮古の人に聞いても正直皆さんそれぞれ違って、1束1,000万円とも、1億円とも聞く人によってマチマチです…。

ですが、ご先祖様にお渡しするものですからね、高額と思っていた方がご先祖様も喜ぶのかな(笑)

おススメの記事はこちら♪

宮古島の梅雨 1

年々全国的に知名度を上げてきたここ宮古島!GWの長期休暇、海外もよいですが、パスポートなしで来れるリゾート地代表!沖縄! ...

下地島 17エンド 2

沖縄に旅行に来る目的は、エメラルドブルーに輝く青い海を眺めたいから。ただ波音に身を委ね、太陽の光を受け光り輝く海を見たい ...

宮古島、カフェ 3

こんにちは!今日は、観光客の方からよく聞かれる宮古島のおススメカフェをご案内しま~す! 宮古島旅行の思い出となる素敵なカ ...

宮古島の光熱費 4

新生活が始まる4月! 宮古島で新しく移住ライフを送られる方に、今日は宮古島での光熱費について、気になる金額や手続きの仕方 ...

沖縄よもぎ にしよもぎ 5

そうなんです。過去形なんです…。 かつて日本における長寿県を誇っていた沖縄ですが、食の欧米化、車生活が引き起こす運動不足 ...

-宮古島について, 宮古島のイベント・行事
-

Copyright© 宮古島の離島来間島から海猫花 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.