Plants&flowers

宮古島の春を彩る花たち♪

フロックス

ここ宮古島の短い冬も終わりですね~!!
すっかり暖かくなり、庭を彩る花達が春を知らせてくれます。

今日はお庭に咲いた花達をご紹介しますね。

スポンサーリンク

<ヒメキランソウ(姫金瘡小草)>

ヒメキランソウ キランソウ

科属:シソ科キランソウ属
分布:九州南部~沖縄
花期:3~4月
花言葉:汚れがない

ヒメキランソウ

満開に咲くと、まるで青の絨毯の様です!
花は一年に一期間、春先しか咲かないのが残念ですが、
雑草で覆われがちなところは、芝生よりもお勧めです。
宮古島ではグランドカバーとして庭先によく見られます。

増やし方

ヒメキランソウは、走出枝(ランナー)と呼ばれる枝が次から次へと出て、
どこまでも増えていきます。
その繁殖力たるや…凄いです。

株を等間隔(10‐20㎝くらい)で植え、根付くまでは水を切らさない様に。
植える場所は日当たりの良いところがよいでしょう。

クチナシ

花 クチナシ

科属:アカネ科クチナシ属
分布:本州西部、四国、九州、南西諸島、台湾、中国
花期:3~4月(内地では6~8月)
花言葉:私は幸せ、喜びを運ぶ
方言名:カジマヤー
※実が熟しても口が開かず実が裂けないことから、「口無し」と呼ばれるようになったそうです。

この時期、庭先から甘い香りが漂ってきます。
キンモクセイ、ジンチョウゲとともに三大香木と呼ばれ、
甘くていかにもザ・南国!という香りです。

土壌を選ばず、半日陰でも十分に育ちます。
ただ耐潮性があまりないので、沖縄では風に当たらないところに植えると良いでしょう。

花弁が風車に似ていることから、沖縄方言ではカジマヤーと呼ばれております。

果実は漢方薬としても使われ、生薬名は山梔子(さんしし)、解熱、黄疸、肝炎に、一方西洋では幸せのハーブとも呼ばれ、不眠症、神経疲労、うつ病、神経痛などにも効能があると言われております。

クミスクチン

クミスクチン ネコノヒゲ

科属:シソ科オルトシフォン属
分布:インド、マレー半島、アジア各地
花期:春~秋
花言葉:貢献・進歩

マレー語でネコノヒゲを意味するクミスクチン。

育て方・増やし方

日当たりが良いところを好み、水切れすると生育が悪くなるので、注意が必要です。
また、生育期は肥料を切らさないように液体肥料などをあげます。
生育が早いので、鉢だとすぐに根詰まりしてしまいますので、沖縄では地植えがよいでしょう。沖縄以外の地域では耐寒性がなく、10度以下だと枯れてしまいます。

挿し木で簡単に増やすことができます。
枝を水に挿しておくと4~5日で根が出てきます。
ある程度出てきたら、土に植えてあげましょう。

効能

耐寒性がないので、本土ではあまり見られないようですが、沖縄ではウコン・グヮバ茶と並び沖縄三大薬草の一つとしてとても有名です。本当に猫の髭のようで、猫好きにはたまらないお花ですねw

クミスクチンの成分は、カリウム、ポリフェノールの一種ロズマリン酸、オルソシフォニンを含み、体内の余分な水分や塩分、熱を排出するため、効果・効能は多数、腎臓病、膀胱炎、糖尿病、リュウマチ、関節炎、神経痛などに効果があると言われております。
ヨーロッパでは昔より、膀胱疾患に対して有効な民間薬としても使われております。

ロズマリン酸の抗酸化作用が美肌に良いとされているので、女性にはお勧めです。

※ただし腎機能が低下している方や、高齢者の方は飲用にはご注意を。

おススメの記事はこちら♪

宮古島の梅雨 1

年々全国的に知名度を上げてきたここ宮古島!GWの長期休暇、海外もよいですが、パスポートなしで来れるリゾート地代表!沖縄! ...

下地島 17エンド 2

沖縄に旅行に来る目的は、エメラルドブルーに輝く青い海を眺めたいから。ただ波音に身を委ね、太陽の光を受け光り輝く海を見たい ...

宮古島、カフェ 3

こんにちは!今日は、観光客の方からよく聞かれる宮古島のおススメカフェをご案内しま~す! 宮古島旅行の思い出となる素敵なカ ...

宮古島の光熱費 4

新生活が始まる4月! 宮古島で新しく移住ライフを送られる方に、今日は宮古島での光熱費について、気になる金額や手続きの仕方 ...

沖縄よもぎ にしよもぎ 5

そうなんです。過去形なんです…。 かつて日本における長寿県を誇っていた沖縄ですが、食の欧米化、車生活が引き起こす運動不足 ...

-Plants&flowers

Copyright© 宮古島の離島来間島から海猫花 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.